私のペタンコ髪の悩み体験

私のペタンコ髪の悩み体験

 私がペタンコ髪に悩むようになったのは子供を産んだ30代前半の頃からです。それまでは定期的にパーマをかけていたので自分の髪質について特に悩んだことはありませんでした。しかし、子供が生まれて自分のことにかまう時間もないので美容院に行ってもカットだけをしてもらうようになりました。すると髪質の張りがなくなったのもあるのでしょうが、髪がペタンとなり更に老け込んだような印象になりました。元々の髪質なのでパーマをかけない限りは朝起きてから寝るまではずっとペタンコ髪という状態でした。

 私が実際にした対策は朝にホットカラーなどで髪のトップ部分を巻いて、スタイリング剤をつけることです。でもあまりに強くしすぎると昔の人みたいなので軽めのスプレータイプのスタイリング剤をつけました。しかしながら、私のペタンコ髪も強力なので、家を出て1時間後にはスタイリング剤の効果もなく元のペタンコ髪に戻ってしまいました。少しでもくせ毛あれば、効果の持続時間も長かったのでしょうが、私の場合は天然のペタンコ髪パーマがかかっているようで、なかなか頑固でした。結局、少し育児が落ち着いたころにパーマをまたかけに行きました。

 美容師さんも私の髪質を良く知ってくれているので、緩いパーマではすぐにまたペタンコ髪に戻ってしまうので強くかけてくれました。初めはおばちゃんパーマの用で強すぎるのではないかと心配になりましたが、3か月くらいは髪にボリュームを出してくれて満足でした。ペタンコ髪にはやはりパーマは効果的なのだなあと実感している日々です。それでもかけすぎると髪が傷んでしまうので、かける頻度を美容師さんと相談しなければならないなあと思ってもいます。

↑ PAGE TOP